知らないと損するはちみつの基本知識

甘味料としてのはちみつを楽しむのもありです

更新日:

私のこのブログでは、加熱処理したはちみつははちみつじゃない!とまるで加熱処理したはちみつを害のある悪者のように書いてしまい、少し反省をしています。

何も、はちみつを楽しんでいる人たち全員がはちみつの薬品的な効能を求めて生活に取り入れているわけではないですもんね。

純粋に、はちみつ風味の甘味料として楽しんでいる人も大勢いるはずです。

ホットケーキに、たっぷりのはちみつをかけてバターを溶かしたら本当に美味しいですよね。その時に、はちみつの薬効は・・・なんて考える人はいないでしょう。その甘さにうっとりとし、幸せを感じていることでしょう。

いいんです。それで。

実際、日本に流通している95%前後が、はちみつ本来の栄養素、効能を失った加熱処理されたはちみつなのですが、それで大きな問題にならず、ちゃんとマーケットが成り立っているのですから。きっと、甘味料としての需要の方が高いのでしょう。

それに、本当の非加熱の純粋はちみつはとても高価で、なかなか手が出にくいことも確かです。

何を隠そう、私もはちみつがたっぷりかかったホットケーキが大好きで、安いケーキシロップも使っています。ごめんなさい。

私の場合、それどころか、ホットケーキの上にバナナを輪切りにして、そこにチョコレートをかけて、最後にたっぷりのはちみつをかけていただきます。

ホットケーキが、まるではちみつの海に浮かぶ孤島のようで笑ってしまう程です(笑)。

たとえ、それが水飴が多く混入されていて、はちみつはほんの少し風味づけに入っているだけのものだとしてもです。いいのです。

でも、そんなに美味しいはちみつなら、体にいい方がもっと嬉しいですよね。

というわけで、少し懺悔したところで、これからも、非加熱の純粋はちみつ押しでブログを書き綴っていきたいと思います。

とにかく、どんな目的で、どう使うかによって色々なはちみつを使い分ければいいわけです。大切なのはTPOです。

それが、変に気負わず、構えず、長くはちみつを取り入れた生活を続けていく秘訣でしょう。

ここぞという時、美容と健康のため非加熱の高級純粋はちみつをいただく!

これでいいのです。

さあ、一緒にはちみつ生活始めましょう。

 

-知らないと損するはちみつの基本知識

Copyright© はちみつは太陽とみつばちからの贈り物 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.